波乗りジプシー

サーフィン日記・波情報・サーフギア・おすすめのランチなどを書いてみます。

愛用中のbeatsxが故障 イヤホンは消耗品

昨年購入したイヤホンBeatsXが半年ほどで

 

故障してしまいました。

 

f:id:kentsola:20180118231819j:image

 

症状としては充電してもすぐに電池切れを

 

起こしてしまい、最終的には充電も

 

できなくなってしまいました。

 

iPhoneとの相性がよいと聞いて購入し

 

使い心地もよくお気に入りだったので

 

ショックです...

 

ビーツが故障した場合、

 

購入してから一年以内であれば保証で修理は

 

無償ですが領収書が必要とのこと。

kiichii.site

 

ここで凡ミスが発覚!!

 

領収書を捨ててしまったのです。

 

購入して間もなく故障するなんて

 

想定してなかったし、

 

修理に領収書が必要なんて...

 

中に保証書が入ってるんじゃなかったんだ...

 

しかも領収書がないと購入して一年以内でも

 

有償での修理になるとの情報も。

 

最悪だ。

 

しかもアップルのホームページで確認すると

 

領収書の再発行は対応していない模様。

 

ダメ元で店舗に故障したBeatsXを持ち込み

 

最悪有償でもいいからと思い

 

アップルの店員さんに相談してみることに。

 

※当日持ち込みで修理や交換の相談をする場合

 

午前中までに行くかとをオススメします。

 

予約優先ですので仕事終わりに行くと

 

予約で埋まってしまい再訪する羽目に

 

なります。

support.apple.com

 

ちなみに修理をする場合、

 

アップルのリペアセンターへ配送するか、

 

Apple 正規サービスプロバイダへ

 

持って行く (持ち込み修理)、

 

もしくはApple Store の Genius に見てもらう

 

の3つです。

 

 

シリアルナンバー入りの箱

(これがまたゴツくて邪魔だった!)

 

と一緒に持ち込み見てもらうと、

 

イヤホン本体にシリアルナンバーが確認でき、

 

購入履歴から追えることが判明!箱無駄でした笑

 

f:id:kentsola:20180118232148j:image

 

有償の場合8,800円もするんですね…

 

 

神に感謝です。

 

 

無事アップルストアでの購入履歴から

 

購入後1年以内ということも確認でき

 

無償で修理してもらえることになりました。

 

 

手続き中に店員さんと他愛もない話を

 

してると、なんとこのイヤホン同じ症状で

 

持ち込まれることが多いらしい。

 

検収して使用方法に問題があると

 

判断されると場合有償になる場合があります。

 

ただ同じケースで持ってくるお客様が

 

沢山いるので多分大丈夫だと思いますよー。』

 

と。

 

 

ムムッ?

 

これは欠陥品をつかまされたんじゃないか?

 

しかも使ってみて良かったから奥さんにも

 

同じやつプレゼントしてしまったやないか!!

 

 

まあ保障範囲内で修理できるし、

 

使い心地は申し分ない、たまたまってことも。

 

確かに歴代数々のイヤホンを使ってきましたが

 

Bluetoothにしては音質は最高だし、

 

フィット感も申し分ないんです。

 

 

以前、マツコの知らない世界でイヤホン特集を

 

観ていた際にヤーバッズのインスパイヤ

 

外れないイヤホンが気になって購入しました。

 

yurbuds.harman-japan.co.jp

 

トライアスロンの選手との共同開発で完成した

 

代物でマツコさんの評価も上々。

 

価格も良心的です。

 

 

期待して装着するとゴムの質感といい、

 

特殊な形状といい確かに外れにくい。

 

ただ、しっくりハマらないとふとしたときに

 

外れてしまうこともありました。

 

 

個人的な悩みで、耳の穴の形状が一般的では

 

ないのかiPhoneに同封されてるような

 

純正のタイプだとうまくハマらず、

 

ポロポロと抜けて落ちてしまうのです。

 

なので基本ヘッドホンか

 

カナルタイプのイヤホン2択になります。

 

ヤーバッズ。

 

一般的にはグリップ力が強いので

 

外れにくいという長所があるのですが

 

致命的な欠点がありました。

 

それはすぐに【断線】してしまう点です。

 

イヤホンは基本しっかりとケースに収納して

 

特に断線しないように管理には

 

気をつけてるのですが、

 

購入して1ヶ月ほどで片方のイヤホンが

 

聞こえなくなってしまったのです。

 

 

修理に持ち込むと、恐らく断線していて

 

無償で交換してもらうことに。

 

ただ交換しても次は1週間程で

 

片方のイヤホンがお陀仏に。

 

再度持ち込むも、またまた1週間ほどで断線。

 

もううんざりしてしまって無償とはいえ

 

懲りて捨ててしまいました。

 

いままで愛用してきたイヤホンたちを

 

思い返すと大事に使っているつもりでも

 

すぐダメになってしまいます。

 

やっぱり消耗品と割り切り値段はソコソコで

 

頑丈なものを選ぶのが無難でしょうね。

 

ただそんなに頻繁に購入できるほど

 

余裕はありません。

 

BeatsXが復活をとげて長持ちしてくれることを

 

祈るばかりです。

 

 

修理から戻ってきたらまたレポートしますね!